コンプレックス解消の鍵は口コミ人気No.1の二重整形にアリ

女性

気になるダウンタイム

医者

口コミでも気になる腫れ

口コミでも大人気となる二重整形に限らず、美容外科での施術を受けた後は誰にでもダウンタイムがやってきます。二重整形の中でメスを用いる切開法は、ダウンタイム中の変化が非常に分かりやすいでしょう。メスを用いることによって、術後は腫れと赤みがどうしても目立ってしまうのです。切開法を選ぶ人の多くが人形のように幅広い二重を望んでいるので、アイラインから二重ラインまで1センチほどの幅に仕上げる人も少なくありません。術後の腫れはそれ以上となるので、見た目に変化が生じることはあらかじめ把握しておきましょう。
美容外科の中でどんなに口コミ人気が高いものとは言っても、誰でも術後にやってくるダウンタイムは怖いものです。しかし、美容外科では丁寧にカウンセリングを行なってくれます。理想とする二重デザインを聞き入れ、数ミリの差でもしっかり一人一人の利用者が希望するラインを実現してくれます。その際には、施術当日の過ごし方、どのようなダウンタイムが生じるか、どれほどでダウンタイムが終わるのか、といったことまで全て教えてもらえるようになっています。
施術当日はまだ糸で縫われている状態のままで過ごさなくてはいけないので、見た目にはその糸もはっきり見えています。施術中は麻酔が聞いているので、術中から術後にかけて痛みが生じることはありませんが、その見た目を考慮して、プライベートや仕事の都合をつけておくのもいいでしょう。

負担を掛けずにノーメイク

二重整形後の腫れが強くなるのが、術後2~3日だと言われています。幅広い二重に仕上げれば仕上げるほど腫れの幅も広くなるので、目が開けにくい状態になるでしょう。糸で縫われている箇所には多少の出血が生じることもあるので、まぶたに負担をかけないように湿らせた綿棒やコットンで綺麗に拭き取ることです。しかし、クレンジングなどの負担を肌に負わせることはできないので、当然ノーメイクで過ごすことになります。刺激の強い洗顔料も避けることが無難なので、洗顔時も注意しましょう。

驚くほどの変化

二重整形の切開法にて切られたまぶたは、糸で留められているだけなのでしばらくの間はまぶたにチクチクとした感触が続くことでしょう。術後約1~2週間では抜糸が行なえ、1ヶ月も経過しない内にナチュラルな仕上がりになります。抜糸した後は目を閉じてもその傷跡が目立つことなく二重整形の有無が一見して分からないものです。口コミで高い人気を誇るだけあって、二重整形がもたらす効果は凄く、アイプチやアイテープを必要なしに綺麗なぱっちりとした目元になります。カラコンを装用してアイメイクを施すと、その目力には誰もが満足するでしょう。
ダウンタイム中には、これまで普通に行なってきた生活習慣に制限が掛けられたり、見た目に変化が生じたりしますが、施術を受けるタイミングを調整しながら無理なく過ごせるように備えておくといいかもしれません。抜糸するまではコンタクトの装用も避けなくてはいけないので、生活に支障をきたさないようメガネを備えたり、メイクが必要ないよう外出する予定を入れずにいたりすると、ダウンタイムも快適に過ごせるものです。
ネット上には、実際に二重整形を受けた利用者の症例写真がたくさん掲載されています。抜糸した後のすっぴん時とメイク時の写真を比較すると、それほど大きな差はないことでしょう。二重と一重の違いは明らかなものですが、自分が理想とする二重に仕上がるとメイク映えする顔を望めるものです。